理念

「最高の人生」を生きる

「グレイテストライフ浅草」は、入居者の方々の魂の尊厳が大切にされ、最期まで輝きながら『最高の人生(グレイテストライフ)』を生きられる「新しい未来型響働モデルの≪住まい≫を創造すること」をめざしています。

地域に開かれながら、高齢者の皆さんが、子どもたち・障がい者・地域の皆さんと交流し、入居者の方々も「自助・互助・共助・公助」で支え、響き合って生活し、すべての方が明るく、楽しく生きられる「新しい響働の住まい方」に挑戦します。

最期まで「魂の尊厳」が大切にされるお世話に最善を尽くします

「グレイテストライフ浅草」の大きな特徴の一つ ──。
それは、私どもが人生の師と仰ぐ高橋佳子先生が提唱される「魂の学」に基づく人間観、すなわち、「人間は永遠の生命を抱く魂の存在である」という人間観を軸としたお世話や介護をめざしている、ということです。

その実現のために、心と技術を磨いたスタッフが、入居者の皆さまの「魂の尊厳」が大切にされるサービスの提供に最善を尽くします。スタッフは24時間常駐し、入居者の皆さまの認知症の予防や身体機能の回復をめざし、最期まで輝きながら生きるためのお手伝いをさせていただきます。
そして、健康寿命を延ばすプログラムの一助として、「認知症予防・改善」にとっても不可欠な「祈り・瞑想」ができるQuiet Roomを8階最上階に設けています。